ボンボンボロンに副作用がある?

ボンボンボロンに副作用がある?

ボンボンボロン副作用

ボンボンボロンには副作用があるのか心配の方がいますが、

 

ボンボンボロンは副作用が出るといわれている成分は含まれていません。

 

ボンボンボロンの主成分はボロンです。

 

コチラでは、ボンボンボロンが副作用に対して安心の3点をご紹介します。

 

ボンボンボロンの副作用に対して安心の3つのポイント

 

「プエラリアミルフィカ」や「ブラックコホシュ」が含まれていない

ボンボンボロン副作用

 

【ボンボンボロン全成分】
アグアヘエキス末、チェーストツリーエキス、フェヌグリーク種子抽出物、ザクロ果汁末(デキストリン、ザクロ果汁)、ホウ素(ボロン)含有酵母、植物プラセンタ(メロン胎座抽出物、デキストリン)、コエンザイムQ10、シルク加水分解物(シルク加水分解物、デキストリン)、マカパウダー、シャンピニオンエキス末(マッシュルーム、デキストリン)、大豆抽出物(大豆を含む) / セルロース、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、クエン酸、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

 

ボンボンボロンには副作用、健康被害が報告されているプエラリア・ミリフィカとブラックホシュが使用されていません。

 

その代わりに商品名にもなっている「ボロン」を使用しています。

 

ボロンとはホウ素のことで、キャベツやナッツに多く含まれる成分です。

 

普段から口にするものに含まれる成分と言うことで、副作用の心配はないといわれています。

 

GMP認定工場で製造、セシウム&残留農薬検査をクリア

ボンボンボロン副作用

GMPとは原材料や製造、出荷と言ったすべての工程で一定の品質が保たれていることを示す基準であり、それに認定されているということはそのまま一定品質以上が保たれている証拠にもなるわけです。

 

ボンボンボロンはそのGMPが認定されている工場で製造されています。

 

また、セシウム検査、残留農薬検査をクリアした上で販売されており、きちんと一定の安全基準をクリアした食品と言えます。

 

全額返金保証付き

ボンボンボロン副作用

たとえ副作用の心配がなく、安全性の高いバストアップサプリであっても、自分に合わない場合があります。

 

自分にとってボンボンボロンが合うかどうかは使ってみなければわかりません。

 

でも、そんな最悪な事態に備えてボンボンボロンは返金保証制度がついています。

 

健康被害が報告されているプエラリア・ミリフィカを使わず、そして安全基準も満たしている、それにもかかわらずさらに返金保証もある、だからこそボンボンボロンは今選ばれているんですね。

 

 

【安全にバストアップできた♪】ボンボンボロンの口コミや効果をチェック>>

page top